自己覚知と覚醒 (フル日本語訳)

2018年8月に最初の投稿 First published August 2018 最近、覚醒の話題が生徒や友人たちから何度か出てきました。 少し経緯をお話しすると、私は10代の時、祖母のロウェナを通じて覚醒という考えに偶然出会いました。祖母は、自己覚知の概念をアメリカに紹介したインド人のパラマハンサ・ヨガナンダに直接師事していました。ヨガナンダの本、『あるヨギの自叙伝』は非常に多くの人の心を開き、彼が設立したセルフ-リアリゼーション・フェローシップセンターを通してその教えはヨガナンダ自身がこの次元に存在し続けることを支えています。 1960年代後半にカリフォルニアのベイエリアで心理学を専攻し、アートを副専攻していたことが、その後のすべてを大きく変え、これまでの生き方と相反するような道に進むきっかけとなりました。大学および大学院での必須教材を終わらせた後、ヨガナンダによって伝えられたような自己覚知の概念や古典的な覚醒の記述や言い伝えを探求し始めました。伝統的なヒンディー系統や、スーフィー(イスラム教神秘主義者)、エソテリックキリスト教、ネイティブのシャーマンらのマスターによって伝えられた様々な目覚めに関する話を読むと、自分自身のマインドをリリースしたいという願望が強くなりました。そこで、私は自分の師を見つけようとしました。師を探すのは楽しく、実際にグルたちを追い求めました。そうしていなければ、the Enlightened Onesの様な目覚めた個人からなるスピリチュアルなエリートクラブのメンバーになっていたかもしれません。グルたちの講義を聞き、言葉を発する度にエーテルエネルギ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Copyright 2018-19 by Gary Bonnell. All rights reserved.