• g-bonnell

臆せずに真実を語る


人間の声は何百万年もの時を経て発達したツール(手段)です。私たちは声を様々なことに使います。例えば危険を知らせるため、身体の欲求を伝えるため、考えや感情を表現するため、期待や夢をほのめかすため、楽しませるため、自然を真似たり、人生で経験することや観察することを報告して知識を共有するために声を使います。又、私たちは不快感や不安、衝突や対立を避けようとして、自分たちにとって都合の良い状況に持っていくために人を欺くツールとして声を使うこともあります。

地球上のあらゆる生命体を支えているエネルギーは物質的ではなく、多次元的なものです。それは液体のようにすべてのものに浸透します。古い東洋の書物には「プラナ」、あるいは「気」と記されています。歴史の流れの中で探求されつづけてきた「気」は人間を取り巻く全てを網羅しています。 それは知覚能力のある生命体の内側を流れ、無生物の周りを流れています。人体においては皮膚、筋肉、結合組織、臓器、骨等、全ての組織の中に存在します。さらに、「気」は身体の機能を有意味に活性化させる人間の意識(アウェアネス)が神経を通るための媒体でもあります。

私たちの声には生まれながらにして微かな「気」の力が備わっています。新生児やよちよち歩きの頃は、偽りや混乱のない立場で「本物」の表現をします。その要求と必要性はとても性急でリアルなので「気」は何の妨げもなくサラサラと流れます。ところが面倒を見てくれる大人から受けるお仕置きとご褒美、あるいは拒絶と受諾などの経験を重ねるごとに、私たちの行動はパターン化されて行き「気」は濃く、密になっていきます。

「気」は皮膚の微小な穴から体内に入ります。自分自身に対する新しく得た考えや感情は、私たちを支えるこのエネルギーを歪めてしまいます。歪んだ「気」はスムーズに神経を伝わって行くことができずに私たちの神秘体にある主要なエネルギーセンターで滞り、身体の内外へのエネルギーの流れを塞いでしまいます。その人の混乱が大きければ大きいほど「気」を取り入れることができなくなります。

七歳になるころには「気」は呼吸や食べ物、飲み物を通して入ってきますが、それは集中力を保ち、油断をしないで生きるための必要最小限の量でしかありません。七歳以上の私たちは端的に言うと常に「気」に飢えているわけです。幾ら呼吸しても「気」を十分に取り込むことができないので、代わりに生命を維持するために必要な地球のエネルギーを得るために必要以上の量の食物を摂取してしまっているのです。

私たちは人を喜ばせるために過去の失敗からの巻き返しを図り、同じ失敗を繰り返さないように先の先まで考え、自分ではなく他者のために正しくあろうと必死になっています。こうして本当の自分を偽り、人の意見に巻かれてまで他者から承認されよう、受け入れられようとします。その時、私たちが発する言葉は他者との関係を育むものでも発展させるものでもなく、ただ自分の置かれた立場、状況を自分に有利になるように操作するだけのものです。

そうこうしているうちに、私たちは呼吸するとともに無意識に真実でないことを語るようになります。すると私たちの声の質と声の持つ力は低下の一途をたどります。。感情的、精神的に歪んでいれば歪んでいるほど、声はその人の要求と必要性を表現する力をなくしていきます。やがて私たちは人間関係において受動攻撃性を帯び、思考面では過度に生真面目になり、強制行動を取るようになり、挙句の果て誰も要求に対して聞く耳を持たない、誰も認めてくれないと文句を言うようになるのです。

この人間が陥る苦境から脱するためには臆さずに真実を語ることです。

フォームの終わり

まずは個人的なジャッジ(裁き)を止め、ジャッジされているように感じることを止めることです。そうすれば人をジャッジすることもなくなります。人間社会の意識は何千世代もの間ジャッジすることを学習してきました。「ジャッジしない状態」を達成するためには一貫性と誠意が欠かせないことは火を見るより明らかです。

次に、子供の頃に教え込まれたことを繰り返すような思考パターンを止め、自分の内面にある真実について語り始めることです。そうすることによって他者の意見を鵜呑みにすることがなくなります。こうして本当の自分を取り戻すことができた暁には、権力に向かって真実のみを語ることができるようになっていきます。自分が何をどう感じているかについて正確に真実のみを語る言葉は、自分のみならず相手への捧げものでもあります。

私たちは内的認識が広がるにつれて、心に描く考えやアイディアを伝えるという経験が増え、その比重は増していきます。アイディアは人間が体験すること全ての力の源と言えます。アイディアを共有しあうことで人類はこの変動の激しい地球で集団として生き残ってきました。それは権力に巻かれずに臆さず真実、世界との関わりにおける本当の自分の真実を語ることでした。

賢者はアイディアを語り、凡人は出来事について議論し、小者は人の話をする(噂する)、と言った人がいます。臆さずに真実を語るためにはゴシップは禁物です。今、この時代、何より大切なのは生命の源を尊重し、他者との関係において自分の本当の考えと気持ちを重んじることです。人と交わることを避けて独りになる方法はいくらでもあります。しかし、大切なのは他者と自分の似ている面に目を向け、その気づきの中の真実を操作するためでなく、共有するために語ることです。臆せずに真実を話すことで私たちはシンクロニシティー(共時性)の内に生きることができます。この状態の時、私たちは自主自立しています。


0 views

© Copyright 2018-19 by Gary Bonnell. All rights reserved.