天使、次元間存在、次元外存在の召喚


告白ー 私は数え切れないほど多くの天使存在や次元外の存在たちと出会ってきました。これは、1980年代にアトランタに住んでいた時、リー先生との出会いから始まりました。先生はとても印象的な人で、殆どの社会的なフィルターや感情的な制約に捉われていませんでした。先生は次の瞬間どんな行動にでるのか、予測がつきませんでした。先生は私に、隣接している次元現実の知識を教えてくれました。当時先生が一緒にいたパートナーは、私がこのような人間の現実の「他の」側面とつながる必要性を理解するのを更に助けてくれました。これから書くことは、私たちのマインドが現実をどのように展開し創っていくかについての大いなる叡智を私が知るにつれて理解したことです。この中には召喚があり、真摯さを持って実践すればあなたの道をきっと変えるでしょう。つまり、自主独立を得られるでしょう。


次元間存在または次元外の知能(次元内および多次元)は、私たちの次元を超えた次元に存在するエンティティ、もしくはそこから生じるエンティティです。このような存在は、一般的には理論物理学、UFO研究や未確認空中現象の出来事の中で語られます。これらの非人間存在は、今いわれているように、時空の裂け目や次元間のゲートを通って次元を行き来できると考えられています。


非人間存在たちと遭遇した多くの出会いについて、より地球視点からの説明もありますが、まずは生命における人間の役割についての簡単な説明から始めましょう。


人間の意識は、進化する人間のスピリットと、そのスピリットと調和し、協働関係にある永遠なる魂からなります。魂とスピリットは共に、人間の五感からこの次元における人生を観察しています。このことから、人間の命は地球にとって人工的です。他の生命体は進化するスピリットはありますが、永遠なる魂はありません。あらゆる生命体は何十億年もの間進化してきたため、進化するスピリットと永遠なる魂は対等の関係です。そして、地球の進化するスピリットが、地球を訪れた永遠なる魂を迎え入れます。この役割から、スピリットは永遠なる魂が観察するのをガイドします。人間体験は人工的です。というのも、人間の身体とスピリットは魂に依存しているからです。魂が(スピリットとの)協働関係からいなくなり去ってしまうと、人は死にます。


永遠なる魂は、存在を生み始めた力(ピュアな意識)として、創造のまさに最初の瞬間に生じました。このような背景から、永遠なる魂は他の全ての生命体や知性を統治しています。進化するスピリットは、スピリットが形態を持ち始めた世界の条件や状況に由来します。スピリットは自分たちのいるシステムにおいて無数の転生をした後に、純粋なエネルギーの状態に達し、エレメンタル、天使存在、アバター、菩薩、大天使などの様々な形態になります。


太陽系が銀河の周りを旅するようにーそれは52000年の旅ですが―、地球上の生命は、その4分の1にあたる13000年ごとに変化するエネルギーの波動の影響を受けます。13000年ごとに地球は正反対のサイクルに入ります。このことは、永遠なる魂と進化するスピリットの関係に影響を及ぼします。ユニティのサイクルでは魂とスピリットは完全に一対になりますが、分離のサイクルではお互いの存在に気づいていないように見えます。地球上の生命のバランスは、創造の中心から発せられるこの交互に変わるエネルギーの波動の影響を受けません。人間は、永遠なる魂と進化する人間のスピリットの関係に影響を受けます。人間以外に、地球上でこのような協働をしている生命や知性は他にありません。


主題について:さまざまな世界の神話では、人間が希望、願いや夢を叶えるために呼び出した神、女神、天使やエレメンタルで溢れています。地球のアカシックレコードでは、5サイクル前の地球のユニティの時代(およそ13万年前)に、人は地球のさまざま次元存在やエンティティの階層と完全に協働し、天使やエレメンタルと密接に関わっていました。あらゆる生命と超知性との交わりに制限はなく、天使、エレメンタルと人間はよく協力しあっていました。人間は永遠なる魂と進化するスピリットのユニークな協働体であることから、人類の役割は、地球のスピリットが持っている性質を開きながら地上のすべての生命活動の道案内をしていくことを監視することでした。形態を作っていたエレメンタルは、純粋で葛藤のない人の意図を現実化させる任務を与えられました。天使の役割は、人間とエレメンタル双方のニーズに対してしっかりと力が与えられるようにすることでした。12500年前に終了した最も直近のユニティのサイクルでは、人間の意識は、地球の生命を観察する対等なパートナーとして次元外存在、非物理的次元内存在や他の地球外存在を完全に感じ気づき始めていました。


12500年前に始まった集合ユニティから集合分離への1000年の移行期間中に、人は急速に多くの異なるレベルの次元内生命や知性との親密な関係を失っていきました。分離の力が人に五感を超えて知る能力を鈍らせたからです。私たちは孤独となり、一人で完了への道を進んでいくことになりました。それぞれのユニティのサイクルでは、自然やすべての生命を支える知性のあらゆる層と完全に調和して生きています。ユニティ時代の知識を今も持ち続け、人間と他の領域の仲介者として行動した人々もいます。これらの人たちは、完璧にエレメンタル存在や天使存在たちをコマンド、すなわち指令していました。集合的なマインドが以前のユニティ時代の記憶を失ったため、仲介者は人生における役割よりも大きな役割を果たしました。エジプトのトート、インドのパタンジャリ、レムリア・ムーのサナンダ、ベルギカ カトゥウェラウニ族のマードウィン、バレイツのホワイトレディは、このような人たちです。加えて、ほとんどの古代の神、女神は自身が導いた文化に関連した、多様な名前や性格を持っています。


ユニティの時代は、人は現代のような病気にはかかりませんでした。仲介者の多くはヒーラーであり、人の差し迫ったニーズを現実化することを助けてくれたでしょう。私たちは再びユニティの時代に移行しつつあります。私たちは500年前に始まった移行の波の真っ只中にいます。今、私たちはもう一度様々な層の知性とコミュニケーションをすることができます。これらの知性は、地球上の多くの異なる次元の活動を導いていくために、人の集合意識と共に働きます。


人類は次元間や超次元の存在たちとの直接協働することで、これから起きる出来事を変えたり、作り直したりすることができます。それは単に、地球上の生命のプロセスにおける私たちとは何かを知ることです。私たちは物理的な身体を通して進化するスピリットと協働している永遠なる魂です。私たちを通して、永遠に一定・一貫した意識の状態は、進化するスピリットの知恵を拡大し、明確な目的のあるニーズを現実化します。私たちはシンプルにたずねればよく、そうすると現実化します。この状態では科学の法則や知的論理による現実は有効ではありません。地球のスピリットを導くプロセスにおいて、人生の差し迫った必要性に関しどのように指令するかを知ることは重要です。プロセスにおける役割に対する葛藤があると指令することができません。ソロモン王は、創造主から欲しいと願ったものは何でも手に入れることができると言われた時、王は「何よりも明晰さが欲しい、知恵が欲しい」と答えました。ソロモン王は自分の意図を叶えるために72のエンティティ(キリスト教では悪魔と呼ばれるもの)に指令したといわれています。天使やアバターの構造化された階層内におけるエンティティの名前を呼び出しました。強力な召喚を通してソロモン王はエレメンタルを天使存在の支配下におき、彼らの活動が王の指令の意図の範囲内であるようにしました。


天使や異次元の存在の召喚をするときは、強く、はっきりとした明確な声で唱えます。このような声で33日間連続して召喚を行うと、これらの無限の存在たちの協力を得て、彼らに与えられたパワーに指令することができます。これは契約です。不誠実な態度では行ってはいけません。その代わり、これまであなたの前を歩んだ、すべての叡智に溢れた人のように確信をもって行ってください。


召喚(英語以外の名前を表現は、音声的に書いています):


私は源より出でし、自主独立した永遠なる魂なり。

私は一なるものの姿の映しであり、一なるもの自身である。

私は大いなる私自身であるから。

聖なる名を与えられた、私である。

私は歓びをもって召喚する。

バエル、フォエル、サエル、スロエル、サバエル、ソエル バクール、シエル、アロエル、アファエル、アロウェル、サミエル、アエル、ウエル、オビメル、サーミエル、アケル、アラオベル よ。


私に耳を傾けよ、力強い天使たちよ。創造主の名のもとに私はあなた方を召喚する。

ヤオイェッカの身体である大天使たち、私の声を聴き、私のもとへ来たれ。

アソナース、アソナース、アソナース、公正の天使ガブリエルを使わしたまえ。

ガブリエルがわが元へ来たりて、わが身を混沌と危害から守り、私が心をかける人々や場所を、疫病と災害から守護したまう時、彼に対して我が肉体と精神を呼び覚ませ。

ガブリエルが、地球の多くの次元を統括する大天使、天使、セラフィス、セラフィム、ケラビム、ウォッチャーたちにパワーを与えてくれるように。


ガブリエルが、オビウート、ゲルナビウート、ゲルナビエール、パウィーフーレート、エスラース、エプソーマ、ナウヤィスース クリストス、パセィラー パゥヌータ、カラエス、パソマを導き、彼らが世界の大小全ての生きとし生けるもののために、大地の活動にバランスをもたらし、完了させる準備を整えられるように。


私は、彼らのパワーを召喚する。私が優雅に自主独立、自己覚知から覚醒へと開かれていくとき、私の思考と行動を導いてくれるように。


力強い仲間たちよ。私はあなた方に指令する。私を通してあなたのパワーが輝くように。すべての人々との関わりにおいて、私が彼らの安らぎとなるように。私の直感の叡智を開き、時空を超えて見ることができるように。私は指令する。セイノイ、ササノイ、セミィルーフよ。天使たちのパワーが私を通して輝くように。


私は指令する。私の身体、マインド、スピリットが明晰であるように。セイノイ、ササノイ、セミィルーフよ、私の人生の使命が開かれていくとき、私と共にあれ。来たる一瞬一瞬ごとに、私が源となって、思考を現実の形にするために、「結果としての意図」を指令するとき、私とともに働き給え。

アソナース、アソナース、主ガブリエルよ、私はあなたの平和の仲介者なり。憎しみのあるところには思いやりを広げる。怒りのあるところには許しを、不確かなところには明晰さを、希望のないところには確かさを、暗く不明瞭なところには恩恵を、苦痛のあるところには喜びを広げよう。


アソナース、アソナース、主ガブリエルよ、私が慰めるほど慰めを求めないように指令し給え。理解するほど理解されることを、愛するほど愛されることを求めぬように。与えることの中で受け取り、許すことの中で許され、そして、アセンションの中で、私のスピリットは永遠なる生命の中へと生まれる 。


召喚の説明

フレーズ「私は源より出でし、自主独立した永遠なる魂なり。私は一なるものの姿の映しであり、一なるもの自身である。私は大いなる私自身であるから。


これは、あなたに創造主として指令をする力を与えることを示すものです。

「聖なる名を与えられた、私である。


永遠なる存在の宣言として、私の神聖なアイデンティティーを認めることです。

フレーズ「バエル、フォエル、サエル、スロエル、サバエル、ソエル バクール、シエル、アロエル、アファエル、アロウェル、サミエル、アエル、ウエル、オビメル、サーミエル、アケル、アラオベル よ。

私に耳を傾けよ、力強き天使たちよ。創造主の名のもとに私はあなた方を召喚する。ヤオイェッカの身体である大天使たち、私の声を聴き、私の元へ来たれ。アソナース、アソナース、アソナース、公正の天使ガブリエルを使わしたまえ。ガブリエルがわが元へ来たりて、わが身を混沌と危害から守り、私が心をかける人々や場所を、疫病と災害から守護したまう時、彼に対して我が肉体と精神を呼び覚ませ。ガブリエルが、地球の多くの次元を統括する大天使、天使、セラフィス、セラフィム、ケラビム、ウォッチャーたちにパワーを与えてくれるように。


これらのエンティティやとエレメンタルは形を作ったり建てたりする存在であり、地球の物理的なことに関し、指令をだします。


これらの存在・エレメンタルは、あなたが指令した通りに動きます。それ以上でもそれ以下でもありません。それぞれの名前自体はとても強力で、1つのグループとして彼らをまとめると、一体となって動きます。もし複数の人が同じ召喚で同じグループに指令した場合、非常に強力な結果が得られます。最初の名前、バエルはヘブライ人によって、その後キリスト教によって悪霊・悪者扱いとされました。バエルは非常に応答性の高いエレメンタルで、特定のタスクを行うために召喚されると強力な効果があります。


サーミエルとアエルも同様です。 他のエレメンタルも同様に強力ですが、特定の目的のニーズのためにグループに呼び出されない限り、人間の活動にはあまり興味がありません。 ユダヤ教やキリスト教は、多くの真のエレメンタルや天使存在を悪者扱いし、人々がかつて行なっていたようにこれらを呼び出せないようにしました。 キリスト教徒は、これらの名前を自分たちの聖人や預言者の名前に置き換え、すべてのキリスト教徒に古い異教(キリスト教以外の全ての伝統的信仰)の方法で行われていた召喚を続けないように求めました。 召喚の記録がある唯一の聖書はソロモン王に起因するものです。


フレーズ 私に耳を傾けよ。力強い天使たちよ

あなたの行動への呼びかけに対し、直ぐに注意を向けることを彼らに指令しています。


フレーズ:創造主の名のもとに私はあなた方を召喚する

これは最初の証明、「私は源より出でし、自主独立した永遠なる魂なり。私は一なるものの姿の映しであり、一なるもの自身である。私は大いなる私自身であるから。」に戻ります。 あなたは創造主の代理あるいは仲介であり、使者であり、創造者自身です。


フレーズ:ヤオイェッカの身体である大天使たち、

ヤオイェッカは、二元性の古いサイクルを支配する階層内の中のタイムロードです。 ヘブライの人はこれをエホバまたはヤーウェと呼んでいます。


フレーズ:私の声を聴き、私の元へ来たれ。アソナース、アソナース、アソナース、公正の天使ガブリエルを使わしたまえ。

これは、私の声をクリアに聞いてください。私に大いなる、大いなる、大いなる公正の大天使ガブリエルを使わしてください!」というような宣言と正当な承認です。


フレーズ ガブリエルがわが元へ来たりて、わが身を混沌と危害から守り、私が心をかける人々や場所を、疫病と災害から守護したまう時、彼に対して我が肉体と精神を呼び覚ませ。

これは、この召喚に対するあなたの真の意図を宣言します;彼が、私が心をかける人々や場所をあらゆる危害から守護し給う時、私を呼び覚ましてください


フレーズ ガブリエルが、地球の多くの次元を統括する大天使、天使、セラフィス、セラフィム、ケラビム、ウォッチャーたちにパワーを与えてくれるように.

これはあなたから大天使ガブリエルへの指令であり、召喚を通してあなたが呼びかけた全ての存在たちに対しガブリエルが無限の力を貸すものです。


フレーズ「ガブリエルが、オビウート、ゲルナビウート、ゲルナビエール、パウィーフーレート、エスラース、エプソーマ、ナウヤィスース クリストス、パセィラー パゥヌータ、カラエス、パソマを導き、彼らが世界の大小全ての生きとし生けるもののために、大地の活動にバランスをもたらし、完了させる準備を整えられるように。私は、彼らのパワーを召喚する。私が優雅に自主独立、自己覚知から覚醒へと開かれていくとき、私の思考と行動を導いてくれるように。

ここでは最上位の天使-1. オビウート、2. ゲルナビウート、3. ゲルナビエール、4. パウィーフーレート、5. エスラー スエプソーマ、6. ナウヤィスース クリストス、7. パセィラー パゥヌータ、8.カラエス、9.パソマ-を呼び、地球をバランスさせ、あなたの思考と行動を覚醒に導きます。


フレーズ 力強い仲間たちよ。私はあなた方に指令する。私を通してあなたのパワーが輝くように。すべての人々との関わりにおいて、私が彼らの安らぎとなるように。私の直感の叡智を開き、時空を超えて見ることができるように。私は指令する。セイノイ、ササノイ、セミィルーフよ。天使たちのパワーが私を通して輝くように。

私は指令する。私の身体、マインド、スピリットが明晰であるように。」

最上位の大天使のすぐ下にある階層は、中間層であり、永遠なる魂の指令を実行するための力を階層内の最上位レベルより与えられています。基本的に、セイノイ、ササノイ、およびセミエンルーフは、大天使の無限の力から働く天使を保護すると同時に、大天使によって完全に力を与えられることを許可します。


フレーズ セイノイ、ササノイ、セミィルーフよ、私の人生の使命が開かれていくとき、私と共にあれ。来たる一瞬一瞬ごとに、私が源となって、思考を現実の形にするために、結果としての意図 を指令するとき、私とともに働き給え。

あなたは彼らが天使のために行うのと同じことをあなたに対して行うように指令しています。

召喚のバランスは読んでの通りです。

フレーズ アソナース、アソナース、主ガブリエルよ、私が慰めるほど慰めを求めないように指令し給え。理解するほど理解されることを、愛するほど愛されることを求めないように。与えることの中で受け取り、許すことの中で許され、そして、アセンションの中で、私のスピリットは永遠なる生命の中へと生まれる。


明確な目的のあるニーズに対して指令することを学ぶことができたときー他の人のために何かを欲することをせずに、代わりにニーズや有用性を自覚して用いたときー私たちはこの次元のすべての活動を支配・統治する目に見えない力と協力しています。 私たちは人生の多くのときを偉大なる存在と共にいます。その現実を考え、感じ、行動するだけです。 思考は言葉であり行動です。


あなたの経験を私に教えてください。引き続き大いなる叡智について共有していきたいからです。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Copyright 2018-19 by Gary Bonnell. All rights reserved.